アラサーOLのためのpython入門講座

プログラミング初心者のアラサーOLがpythonを中心にプログラミングを学んでいくストーリーをお伝えします。
アラサーOLの学習状況に合わせ、不定期更新でお届けします!

アラサーOLのためのpython入門講座

python入門講座 | ループ処理1(for文の基本的な使い方)[第38回]

Pythonでのループ処理(繰り返し処理)の方法を解説します。Pythonでは、他の言語と同様にfor文やwhile文でループ処理を行うことができます。まずはfor文の使い方を習得しましょう!
アラサーOLのためのpython入門講座

python入門講座 | tuple型の使い方3(タプル型にまつわる注意点)[第37回]

tuple型変数に関連する注意点について解説します。Pythonのコードを書いていると、本当はそのつもりはないのに、変数がtuple型になってしまうことがあります。知っておくとプログラミングの効率が上がる注意点を紹介します。
アラサーOLのためのpython入門講座

python入門講座 | tuple型の使い方2(タプル型の更新方法)[第36回]

Tuple型変数は一度作成すると変更することができません。変更するにはlist型を経由し、変数自体を再定義します。
アラサーOLのためのpython入門講座

python入門講座 | tuple型の使い方1(タプル型の特徴とlist型との違い)[第35回]

tuple(タプル)型変数について解説します。Tuple型はlist型とよく似た配列タイプの変数型です。Tuple型の挙動はlist型とほとんど同じですが、変数を一度作成すると要素を変更することができない点が異なります。
アラサーOLのためのpython入門講座

python入門講座 | dict型の使い方6(keyと要素の一覧取得方法)[第34回]

dict型(=辞書型)変数のkeyの一覧や要素の一覧を取得する方法を解説します。dict型変数のkey一覧は「変数.keys()」、値の一覧は「変数.values()」、keyと値の組み合わせ一覧は「変数.items()」で取得できます。
アラサーOLのためのpython入門講座

python入門講座 | dict型の使い方6(辞書の結合)[第33回]

dict型(=辞書型)変数同士を結合する方法を解説します。dict型変数は「{**変数1, **変数2}」という形で結合することができます。要素の更新や追加にも使える実践的なテクニックです。
アラサーOLのためのpython入門講座

python入門講座 | dict型の使い方5(要素を削除する方法)[第32回]

dict型(=辞書型)変数の要素を削除する方法を解説します。dict型の要素は「del 変数[key]」という形で削除することができます。
アラサーOLのためのpython入門講座

python入門講座 | dict型の使い方4(要素を追加・更新する方法)[第31回]

dict型(=辞書型)変数に要素を追加する方法と格納済みの要素を更新する方法を解説します。dict型の要素は「変数[key] = 値」という形で追加、更新することができます。list型のようにappendメソッドを使う必要がなくシンプルです。
アラサーOLのためのpython入門講座

python入門講座 | dict型の使い方3(要素を取り出す方法)[第30回]

dict型(=辞書型)変数に格納された要素を取り出す方法を解説します。dict型の要素は[](四角カッコ)を使って「変数[key]」という形で取得できます。四角カッコを使うのはlist型と同じですが、indexではなくkeyを使います。
アラサーOLのためのpython入門講座

python入門講座 | dict型の使い方2(変数を作成する方法)[第29回]

dict型変数を定義する方法を解説します。dict型は{}(波括弧)を使って「{key1: 値1, key2: 値2, ...}」という形で定義されます。格納された要素がkeyで管理されるため、list型とは異なり要素の順番に意味はありません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました