Tips | ターミナルの基本コマンド表(随時更新)

データサイエンス
ターミナル操作でよく使うコマンドをまとめます。

最近のMacのターミナルのデフォルトシェルはzshというものだが、ほぼbashと同じコマンドが動作する。
特に断りがない限り、これらのシェルを区別しない。

C

cat

テキストファイルの中身を全て表示する。以下のように使う。

cat hogehoge.txt

Ctrl + C

CtrlキーとCキーを同時に押すと、現在のプロセスが終了します。
例えば、

cat

と入力してエンターを押すと、ファイル名を入力待ちする状態になります。
ここでCtrl+Cとすると、catを終了して元のターミナルの画面に戻ります。

E

Echo

文字列を表示する。以下のようにすると、ターミナル上に文字列が表示される。

echo hogehoge

シェル変数に代入された結果を表示することもできる。

i=hogehoge
echo ${hogehoge}

表示された結果をファイルに出力することもできる。ファイルを上書きする場合は以下。

i=hogehoge
echo ${hogehoge} > tmp.txt

以下のようにすれば、ファイルを上書きせず、末尾に追加される。

i=hogehoge
echo ${hogehoge} >> tmp.txt

F

for

以下のように実行する。以下ではiiが0から9になるまで10回のループ処理を行う。

for ((ii=0; ii<10; ii++)); do echo ${ii};done

H

head

ファイルの先頭数行を表示する。

head -n 5 hogehoge.txt

とすれば、先頭5行が表示される。

L

less

ファイルの内容を少しずつ表示する。”q”で表示を終える。

ls

ファイル一覧を表示

ls -a

などとすると隠しファイルも表示できる。

M

mkdir

ディレクトリを作成する。

mkdir -p ex1/ex2

などとすると、ex1の下にex2を作成できる。

more

ファイルの内容を少しずつ表示する。最終行まで行くと表示を終える。

P

printf

書式を指定して表示する関数。以下のように実行する。

printf "書式" 内容

例えば、以下のように書く。これで「05」と表示される。

printf "%02d\n" 5

表示される結果をシェル変数に格納することもできる。

f_i=`printf "hogehoge_%02d.txt" 5`
echo ${f_i}

代表的な書式は以下。

  • %f: 浮動小数点
    %.10fなどとすれば小数点10桁まで表示される。%06.2fとすれば、合計6桁、小数点以下2桁で左にゼロ埋めで表示される。%+fとすれば、頭に正負符号が表示される。
  • %d: 整数
    桁数指定やゼロ埋めは%06dなどとする
  • %e: 指数
  • %s: 文字列

pwd

カレントディレクトリを表示するコマンド。以下のように実行する。

pwd

T

Tabキー

Tabキーを押すと、候補が表示される。
例えば

ls hoge

と入力した状態でエンターを押す前にTabを押すと、”hoge”で始まるファイルの候補が表示される。

tail

ファイル末尾の数行を表示する。

tail -n 5 hogehoge.txt

で最終5行を表示する。デフォルトは10行。

U

unzip

zipファイルを解凍する。

unzip hogehoge.zip

Z

zip

zipファイルを作成する。

zip hogehoge hogehoge.txt

でhogehoge.txtをhogehoge.zipとして圧縮できる。
ディレクトリをzipするときは”-r”オプションをつけて

zip -r hogehoge hogehoge

とする。

zipcloak

zipファイルを暗号化する。

zipcloak hogehoge.zip

コメント

タイトルとURLをコピーしました